Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

将来設計が大事です

一度、マイホームを購入すると、まちがいなく20年くらいはそこにすみ続けますよね。
そこで、大事になってくるのが、将来設計なんです。
当然、この中にはローンというものも入ってきます。
というか、ローンは基本です。
毎月、いくら払うかによって、その以外にかける事が出来るお金というのも変わってきますしね。
でも、なぜ、将来設計が大事なのか。
それは、マイホームを建てた後、子部屋を増やす。
両親との同居が決まり、2世帯住宅にする必要がでてくるかもなんていう、将来起こりうる事も考えておかないといけないからです。
こどもを2人は欲しいと考えているのに、2LDKのマイホームかいますか?
購入してもいいですけど、それだとお子さんが大きくなっても、いつまでも同じ部屋で寝ないといけなくなります。
それとも、夫婦の部屋なくしますか?
なんて事になるわけです。
また、将来的に両親と住んでみたいというのに、和室がないなんて事になると不十分だと思いますよね。
そういうときに、リフォームすればいいという単純な発想ではいけません。
リフォームするにしてもお金が掛かるからです。
少しでも負担が少なく、住みやすい家を購入する為には、マイホームを購入する段階で、将来設計をしておくと言うのはとても大事になってくるわけなんです。
個人的には、あまり早い段階でマイホームを購入してしまうのは、お勧めできないですね。
というのも、家族の増減に対応出来ないですし、バリアフリーなどの余計な対応が必要になってくるわけです。
当然、若いうちにローンを設定すると、ローンも長期間設定する事になってしまい、金利が膨らんでしまいますのでね。
そうなると、数100万円の損失になってしまいますからね。
◆下記参考サイト
ファクタリング利用のすすめ
会社の資金繰りにお勧めのファクタリング。もうご利用になっていますか?知らないともったいない。こんな資金確保の方法もあるんですよ。