Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

ローンを組むとして

よほどのお金持ちでもなければ、一生のうちに購入する住宅というのは一つですよね。
それが、新築であっても中古であってもいいです。
ただ、どちらにしても、高額な住宅ローンを組まざるを得ないのですけどね。

住宅といえば、新築一戸建てもあれば新築のマンション、また中古の一戸建てや中古のマンションもあります。
その中でも、今回は中古住宅に注目してみます。

中古住宅を購入するとなると、建物の築年数はもちろん、土地やリフォームにも目を向けなければなりません。
それに当たり前の話ですが、より安い値段でいい物件を購入する事が大事になってきますよね。
では、「いい物件」の目安とは?となります。
単純に、築年数が浅いというだけではありません。
仮に、築年数20年でも、2年前にリフォームしていれば?
それも概観も含めて。
そうなると、築年数=20年ではなく、2年と言えなくもないですよね。
そういう物件であれば、土地の資産償却は出来ている事になるので、値段がかなり抑えられる事になるわけです。

どんな金額にしても、住宅ローンを組む事になるわけで、後悔のないようにしないといけません。
その他には、購入契約後、すぐに済むことが出来るのも中古物件の魅力かもしれないですね。
新築のマンションとかになると、半年くらいは実際にすむまで待たないといけないですからね。
お子さんの転校などを踏まえて急ぎで引っ越す必要があるときなどは、なおさらです。
気に入った物件を見つける事が前提ですがけど。