Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

公的資金投入の目安

普段の生活の中でも、いろいろとローンは組みますよね。
マイカー、買い物などです。
ですけど、住宅ローンは普段の生活で組むローンとは違います。
20年、30年と長期返済をしていかなければなりません。
そのため、資金計画はきちんと練っておかないといけません。
最近では、実にたくさんの住宅ローンがありますので、どの商品が自分にあっているのかをきちんと検討しておく必要があるのです。

ローンを組む時に、「公的融資」という手段もあるかと思います。
ですが、気をつけるポイントがあります:それは、公的融資の場合は、普通の銀行などでローンを組む場合は、より自己資金を用意しておかないといけないですよ。
なぜかというと、公的融資の借入額は原則として、購入価格の80%以内だからです。
というわけで、物件の料金の2割は、確実に用意しておかないといけない事ですね。
それ以外にも、引越し資金、保証金、物件の修繕費などもかかりますので、相当の資金をもっていないと公的融資を受けるのは難しいですかね。

ただ、公的資金ですので、借入先が倒産するなんていう心配はないです。
その「安定性」こそが、公的融資の最大のメリットかもしれないですね。
ただ、当然デメリットもあります。
金利が他の融資会社より高かったり、実際に借入られる額が少なかったという事もおこりうるわけです。
住宅ローンを組む人間にとっては、大事な事なんですが、何より自分にとって有利な選択をするというのが大事になってくるわけなんです。
住宅ローンに対する有利=金利が少ないですので。
ただ、長いスパンで見てください。
2〜3年で返す事が出来ないのが住宅ローンですので。

ローン・金融についてもっと理解を深めたい方へ☆