Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索

親を助けるという意味合いもあります

特に大学の学費なんですが、以外に高額なんですよね。
それを全て親に負担させるというのも問題ですよね。
そこで、奨学金制度というのがあるんです。
奨学金というのは、学びたい、進学したいけれど経済的な理由でそれが困難な人のための制度です。
その制度は以外に幅広くて、国の機関、地方自治体、民間団体、学校などが独自の制度を設けています。
条件をクリアしていて、申請が通れば、金銭面でサポートを受けることができます。

奨学金ですが、誰でも利用できるわけではありません。
心身ともに健康であること、成績が優秀であること、保護者の収入が一定に満たないことなどが条件になっている場合が多いですね。
例えば新聞配達などの業務を行うと、学費を全額免除するなんていうのもありますよね。
ちなみに、奨学金はあくまでも「貸与」ですので、ローンと同じ扱いになります。
学校を卒業した後に、年賦、半年賦、月賦など選択した方法で返していかないといけません。
卒業後は社会人として計画的に返していきましょう。
個人的には、返却は親ではなくて、自分で返却していきたいものですよね。
なお卒業後新たに進学した場合や、災害や病気などで返済が困難になった場合には返済期限が猶予される制度があるのだそうです。

豆知識として、申請によって2つ以上の奨学金を受け取ることができる場合もあるのだそうです。
例えば日本学生支援機構の奨学金制度は「第一種奨学金」と「第二種奨学金」を(所得の上限などの条件が合えば)併用できると定めています。
ただ、貸与奨学金を2つ以上受け取るということは、返済額も増えることになるので注意が必要なんですよね。
申請したい制度が見つかったら募集要件を細かくチェックしておいたほうがいいかもしれません。